出会い系サイトを使って援助交際になるケースが目立ちます。

出会い系サイトは知らないうちに援助交際に巻き込まれる温床にもなります。
「普通に彼氏・彼女を探そうと思っただけなのに」と後になって後悔する人が、男性・女性にかかわらずいるのが現実ですね。
優良出会い系サイトだから安心だとか、有名出会い系サイトだから問題はないだろうと考えるのは油断なのではないでしょうか。
会員数が多ければ、援交サイトの様に利用する人も出てきますし、年齢認証がないサイトなら男性も未成年女性と援助交際をしてしまい警察に摘発されるリスクがあります。
掲示板でコミュニケーションを取るのは楽しいでしょうが、書き込みによっては援助交際を募集しているかの様に見えることもあるのです。
優良出会い系サイトの掲示板だと思っていたのに、リンクから援交サイトに入ってしまいアダルト掲示板への書き込みをしていたと言うケースもあります。
そうなると本人に援助交際の意思がなくても、「援交掲示板に書き込みをした人だから了承済み」と間違われるので後になって問題が起こってしまいます。
ウッカリしたでは済まないトラブルに巻き込まれますので、出会い系サイトを利用するにも細心の注意が必要です。
ポイント制出会い系サイトは、女性完全無料となっていても男性は出会いのためにポイントを購入して使うことになるため、その必死度が違います。
援交系ではなくても、援交の相手になる女の子を探していたり、逆援交の相手に大人の女性を探しているケースもあるのです。
男女完全無料サイトなら大丈夫なのかと思うでしょうが、出会い系であればどのサイトでも油断は出来ません。
最近になって、出会い系サイトに増えてきている援デリの問題もあります。
援デリは業者が管理している女の子に援助交際をさせるもので、組織ぐるみの売春です。
男性としてはただ出会いを探していただけなのに、会ってみたら援デリの女の子だったというトラブルが多くなっています。
援デリは、売春に関わった双方を処罰させる法律はないと言われますが、これは罰則規定がないためですね。
ただし、業者は確実に摘発されますので、「売春に関わった人間」として警察で事情を聞かれることになるでしょう。
全ての出会い系サイトに援助交際の影が潜んでいると断言は出来ませんが、少なくとも援助交際に関わってしまうリスクはあるものだと認識して利用する心構えは必要です。
いずれにしても出会い系サイトを使って未成年に性行為を求めた場合、処罰の対象となって100万円以下の罰金の恐れがあると弁護士も言っています。

SIDE MENU

このページのトップへ